Innovators? or Laggards?

マルチフィールドクリエーター

記事外注化してみた感想と分析 ライター外注は難しい

f:id:yusuke-edge:20170429001642j:plain

最近、4ブログほど運営しています。

この「毒舌ブログ」が一番好き勝手書くためのブログなんですが、ベトナムブログについては、アフィリエイトとPV数が目的のため、

「別に自分が書かなくていいじゃん」

と、そろそろ手離れしたいと考えていました。

 

 

ベトナム記事を外注で書いてもらった

 

そこで、ワオミーを使ってベトナムブログの記事を外注に1記事書いてもらいました。

wowme.jp

 

1記事あたり、1000~1500文字で1000円というので、試しに発注してみました。

キーワードは「ホーチミン 観光 時期」

もちろん、僕のベトナムブログもリンクして、ここに載せますよ!とおつたえしました。

www.vietstar.asia

 

出来あがってきた記事に唖然

納期が1日くらい遅れたのはあまり問題ないですが、出来上がった記事を読んで唖然としました。

飲んだ帰りに、バイクの後ろでメールをチェックしてみると、記事が届いていました。

しかし、酔いが覚めるほどびっくりしました。

 

冒頭の文章が

「海外旅行って素敵ですよね」

僕が海外生活長いの分かっている読者の方が読んだら、びっくりしますよ。

海外の酸いも甘いもわかっているから、読んでくれているのに、こんな文章が出てきたら、読者の方は不思議に思うでしょうね。

 

でも、よくよく考えてみると、

ベトナムへ行ったことのない人に、記事を書かせた自分が悪かった」

と思います。

 

外注の記事を大公開

 

記事は、全文ほぼリライトしてベトナムブログへ投稿したのですが、ここでは外注の記事をそのまま公開します。

普通に読んでてもツッコミたくなる部分があります。

 

ベトナムホーチミン!観光の時期のベスト】

 

海外旅行って素敵ですよね。

島国である日本は他国に行く

となると一苦労ですし、腰が重たくなる気持ちも非常にわかります。

 

人によっては新婚旅行や卒業旅行で他国を訪問する機会を作ると思うのですが、いざ海外に行こう!と思った時、あなたはどんなところに行きたいですか?

 

多くの方が暖かい地域を好むと思います。日本は春夏秋冬と4期に分かれ、暖かい時間は年間を通しても3か月程度しかありません。

人間も動物であり、暖かい地域だと行動力も増しますし、何よりリゾート感を存分に味わえます。

 

今回は東南アジアの毎日ホットな国、ベトナムホーチミンの観光について紹介しましょう。

 

ベトナムホーチミン

 

ベトナムの気候

 

ホーチミンベトナムの南部に位置する土地です。

ベトナムは北は雨も多く、クールダウンする日もしばしば!

一方の南部は年間を通し、暖かい気候が続く蒸し暑いところです。

 

このホーチミンは、ベトナム南部に位置するため、私たちが想像する南国そのものです。

ベトナムは基本的には日本のように寒い日がなく、毎日が夏の様な国です。その代わり4季はなく乾期と雨期に分かれています。

想像してみるとわかりますが、暑い国での湿気ってどうでしょうか?私は寒いよりも苦手です。じめじめとした空気から感じる気持ちよさは皆無に等しいです。

 

毎日雨続きだったらせっかくの旅行で観光も出来ません。

ベトナムはその土地の形から、天候が非常に変わりやすいと聞きます。

そのため観光目的でホーチミンを訪れる際には、乾期である1月から3月ごろがベストと言われています。

 

ホーチミンは人気

 

最近では旅行ブックやガイドブックなどの旅系の雑誌や番組はとても需要があります。

世界を旅する人も年々増える傾向にあるようで、たくさんの国が注目を浴びる中。

ベトナムは観光ランキングのトップに例年君臨し続けています。

 

日本人にとっては気候も暖かく、珍しい料理もありますし、魅力を感じる人が多いようです。

 

【ベストなシーズンに観光するメリット】

 

■これだけのメリットがある

 

・楽しめるスポットの数

・夜中まで出歩ける

・人が多い

・お店が豊富

・気候が暖かい

・日が長い

 

軽く上げただけでも、オンシーズンに訪問するメリットは十分に感じられるかと思います。

個人的には「やはり天気の安定は観光には外せないかな・・」という気持ちです。

仕事や別の目的があるなら話は別ですが、観光が目的ならオンシーズンの訪問をお勧めします。

 

■オフシーズンていうパターンも・・

 

観光となるとその国の良いところを見たいものです。つまりはオンシーズンに行かなくてはいけません。あえてオフシーズンに訪問し、その国の本当の姿や静けさのある一面を見るのも一つの戦略です。

ですが、やはり一般の観光客はベストなシーズンに思いっきり楽しみたいものですよね。

 

■このシーズンはダメ

 

ベトナムでも変わらずあるのが、正月の時期。

この時期はほとんどのお店が長期的に休みのため、せっかくのグルメという観光に必要な要素を失ってしまいます。

 

この「テト」と呼ばれるベトナム旧正月は毎年日付が変わるため、その都度調べてみる必要がありますね。

もちろんホーチミンベトナムの文化なので、このテトの期間にぶつかるとお店は閉まるそうです。

 

~まとめ~

 

いかがでしたでしょうか!

今回はベトナムホーチミンの観光時期について記載しました。

旅にも人それぞれ目的やこだわりがあるかと思いますが、その土地の良い部分を知るには、やはり観光シーズンを狙うのが一般的であり、無難なのかな。と感じます。

あなたもベトナムに行く際には、事前のリサーチを忘れず、良い旅を計画してくださいね。

 

上の文章ではあまりにもひどいので、リライトして投稿した記事がこちらです。でも結局、元が元なのであまりよくわからない記事となっているような気がします。

www.vietstar.asia

 

記事外注化で気をつけること

 

今回の件で、僕が学んだことを忘備録として記しておきます。

 

  • 外注化することの意味を明確にする。→PVを増やすための量産記事。アフィリエイト記事を書いて欲しいなど。
  • 外注化を考えているなら、自分で書く記事も当たり障りのない、個性のない文章とする。→筆者が変わってもわからないような記事にしておく。しかし、それだと読む人の心に刺さらない記事になるかもしれないので、多くのライターがいるようなサイト作りをしておくのもいいかもしれない。
  • キーワード以外にも、筆者の背景なども細かく伝える。→僕はキーワードのみ伝えて、あとは丸投げでした。
  • クラウドサービスの安い料金のものでは、高いレベルの記事は期待できない。
  • 地域性のある記事なら、体験者に書いてもらうべき。→ベトナムへ行ったことがない人が書くと不自然な感じがある。

 

そんなところでしょうか。

またなにかあれば報告していきます。