Innovators? or Laggards?

イノベイターになれないデザイナーに未来はない

眠れない夜に読む恋愛

f:id:yusuke-edge:20170228215858j:plain

 

 

 

実は、2010年にドイツから帰国した後、仕事が決まるまで時間をもてあましていたので、「魔法のiらんど」にて小説を書いていました。

 

note.mu



その小説ずっと放置していたのですが、先日思い出して読んでみました。

そしたら、意外と読めたので、noteにて公開することにしました。

もちろん、「魔法のiらんど」の方は削除しました。

 

最近まったく小説を読みませんが、当時は東野圭吾司馬遼太郎の本を結構読んでいたので、「いまなら書けないな-」と思うような表現が結構ありました。

 

noteで公開するにあたって、小説のタイトルを変えようと思ったのですが、結局あまりいいタイトルが思い浮かびませんでした。

まぁ、魔法のiらんど」で公開していた時のタイトルよりはマシかと思います。

 

 

小説の内容は、多少脚色してありますが、ほとんど僕の実体験をベースにしてあります。というか、実体験でなければ、こんな詳細に表現できません。

やはり、東野圭吾はホント変態過ぎるほど天才ですよね。

 

この小説は、僕がブラック企業時代に一番つらかった時のトラブルと、人生で一番輝いていた高校時代とを交互に振り返りながら、物語を進めて行きます。

もちろん、ただの実体験ではツマラナイので、人が死んだりと、ちょっと重めの話にしてあります。

 

本当は、もっともっと長く書くつもりだったけど、小説を書きかけ中に就職が決まってしまい、それどころではなくなったため、無理やり終わらせた感があります。

第1章と第2章は無料で公開しています。

 

note.mu