読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カグデザイナーの毒舌ブログ

自分らしいライフスタイルを厳しく追求

解説 エッセンシャル思考 第8章 睡眠―1時間の眠りが数時間分の成果を生む

 

毎晩眠りにつくたびに、私は死ぬ。

翌朝目を覚ますときに、私は生まれ変わる。

 

かのマハトマ・ガンジーのお言葉ではじまる第8章の解説に参ります。

今回のテーマは睡眠です。

 

休みの日は半日を睡眠に費やすほど、誰もが睡眠が好きなはずなのに、意外とみんなが軽視しているのが睡眠の大切さです。

 

僕もかつて、ブラック企業で働いていた頃、月に400時間働いている月があり、家に帰れても1日の睡眠時間は5~6時間。現場の締切が近くなると、1週間現場に泊まり込みになり2~3時間の睡眠が1週間続くこともありました。

 

そういえば学生時代は、バイトを掛け持ちして、朝の8時から夜中の2時まで働いていたこともありました。若くて元気だからできたわけですが、歳をとってその生活を続けていたら、必ず体を壊してしまうでしょう。

 

いまでは、残業がほとんどないですから、日々7~8時間の睡眠を確保することができます。また、昼休みは15~20分ほど昼寝をすると、頭がスッキリして午後も集中して仕事に取り組めます。

ちなみに、日本では昼寝する習慣がほとんどないですが、僕の住むベトナムでは誰もが昼寝をする習慣があり、僕の働く会社のオフィスでは、昼休みになると電気を消して、ほとんどの人が昼寝をします。

 

たまに、お客さん対応で昼寝が出来ないときがあるのですが、昼食をとらないより、昼寝をしないことの方が、午後の仕事の効率をさげていると感じます。

 

自分自身という資産を守る。

 

本書では、睡眠を削って精力的に働くジェフが、睡眠不足の生活から体を壊す話から始まり、いかに睡眠が大切かということが書かれております。

睡眠を軽視して、寝不足の生活が続くとどうなるか。

私たちの最大の資産は、自分自身(の健康)であり、自己への投資を怠り、心と体をないがしろにすると、価値を生み出す元手(自分の体)さえなくなってしまいます。

健康的な体と心をもって、はじめて精力的な活動ができるのであって、それを支えるのが睡眠です。

 

誰もが経験あるように、睡眠不足だと頭がフラフラになり、深くじっくりと思考することができなくなります。思考できないということは、判断を謝るリスクを伴います。

 

 

十分な睡眠が脳の機能を高める

 

一流のバイオリニストは、1日平均8.6時間の睡眠を取り、更に彼らは週に平均2.8時間の昼寝をしているそうです。

 

また、ハーバード・ビジネス・レビュー誌は「睡眠不足は企業リスクである」という記事を出し、睡眠不足がパフォーマンス低下をもたらす事実を紹介しています。

また、睡眠には、体を休めるだけでなく、脳をリフレッシュさせる役目があり、十分な睡眠は脳の機能を高め、問題解決能力をアップさせるという結果が出ています。

 

 

ということで、とにかく睡眠は体・心・脳の機能を高めてくれる大事な習慣なのです。

でも、現代には、十分に睡眠時間を確保できる生活をしている方でも、寝たいのに眠れない、と言う人が少なくないです。

いわゆる不眠症の人、また、普通の人でも早く寝たくてベッドに入ったものの、結局中々眠れなかったという人も多いです。

 

そういう方はどうしたら良いのか、というと、残念ながら本書ではそれについて触れられておりません。

がんばって、自分なりに早く眠れる方法をみつけるしかないです。

 第9章はこちらへ>>

lifestar.hatenablog.jp

 

なお、ここの解説は僕の独断と偏見に基づいたものであり、

著者の本意とずれている場合もあります。

エッセンシャル思考をもっと知りたい方は、本書をお読みください。