読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カグデザイナーのブログ

ライフスタイルや仕事術について書いてマス

ブログはデザインよりも表示速度の方が大事!!というお話し

先日、僕のメインサイトをリニューアルしました。

有料ですが、カッコイイワードプレステーマを見つけたので、購入してインストールしました!

そのテーマが、こちら

WordPressテーマ「IZM(TCD034)」 

テーマをインストールすると、サイトはめちゃくちゃかっこよくなり、コーポレートサイトのような印象になりました。

 

しかし、意外な落とし穴がありました。

 

テーマを変更したとたんに、直帰率が上がり、ページ/セッション数が下がってしまいました!!

 

f:id:yusuke-edge:20170125063247j:plain

2ページ以上あったページ/セッションが、1月12日付近で2ページ以下に下がっています。同様に、直帰率も約50%だったのが、70%程度まで上昇してしまいました。

 

なぜだろうか。

 

1週間悩みました。

 

そして、専門家に相談しました。

すると、

 

「表示速度が致命的に遅い!」

というご指摘をもらいました。

 

確かに、新しいテーマは画像でうったえるレイアウトなので、画像を使用している量が異常に多いです。

旅行サイトやアダルトサイトなど画像でクリックをねらうサイトなら、それでもいいかもしれませんが、僕のメインサイトは記事の内容がメインのため、画像でうったえるものはではありませんでした。

 

その上、「表示速度が致命的に遅い(約3秒)」ため、表示を待たずにサイトを離れてしまう方も多かったようです。

 

結局昨日、メインサイトのテーマは元に戻しました。

すると、すぐに直帰率とページ/セッションが改善されました。

 

この結果から、文字を読んでもらうブログは、見た目よりも表示速度の方が大事!ということがわかります。

また、サイトをカッコよくして自己満足するのではなく、読者の満足度・快適度を考えてブログを作りましょう、という教訓を学びました。

 

ちなみに最近、はてなブログも重たい時があります。

特に、トップページの表示を5記事などに設定していると、すべて表示するまでにかなり時間がかかります。表示が遅いと、上記のように表示を待たずにサイトを離れる読者が増えてしまいます。

ですから、僕はトップページは3記事の表示にしてあります。

ご参考までに。