読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カグデザイナーの毒舌ブログ

自分らしいライフスタイルを厳しく追求

徹底検証!「財布の値段×200=年収」の法則は本当か!?




巷では、「財布の値段×200=年収」の法則というのがあるようです。

例えば、3万円の財布を使っていれば、

3万円✖200=年収600万円になる!

という法則です。

 

しかも、二つ折り財布ではなくて、長財布が良いそうです。

詳しくは、こちらの本に載っています。(僕は読んでいません)

 

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?


勉強すれば人生変わるのサイトで東大六郎氏もこちらの記事で検証されています。

 

今回は、完全にこの記事のパクリになりますが、

僕もだいぶ以前に、何かの雑誌でこの法則を知り、

2013年の誕生日に自分で自分にちょっと高い財布を買いました。

それからちょうど3年経ちましたので、結果を振り返りたいと思います。

 

買った財布はコーチの財布で、約3万円くらいしました。

それまでは、高くても1万円くらいの2つ折の財布でした。

しかし、収入アップには長財布が良いとのことで、

家の近くのデパートで買いました。
コーチ F COACH F 長財布 長札 53538 IMC7C

当時の自分の年収が400万円くらいだったので、

3万円✖200=年収600万!!

 

それで十分だとおもったのですが、

今考えると目標が低いですね。

 

さらに、その年の妻の誕生日にも3万円のコーチの財布を買ってプレゼントしました。
COACH 48912-SV/P1コーチ 長財布ピンクマルチカラー

 

よーし!!

 

これで夫婦合わせて年収1200万円だ!!

 

3年後の結果

 

夫婦合わせて600万円にも届いていない!!

というのが現実です。

まあ、妻はベトナム人なので年収は50万くらいです。

ベトナム人の中ではいい方ですね)

 

とはいえ、3年前に比べると少しずつ年収は増えております。

自分だけで見ればかなり近づいているのでは?

 

ただ、ひとつおもったことは、

自分で買わなければ意味が無い!!

キャバ嬢がいくら貢がれたブランドもの身につけても、

収入が増えないのと一緒ですね。

 

 

コーチの財布は使用期限3年

 

コーチの財布は、耐久性がない。

妻の財布は2年でだめになりました。

それで昨年、1万5千円くらいの本革の財布をプレゼントしました。

 

僕の財布はなんとか3年使いましたが、

半年前くらいから、合成皮革の部分が溶け出してきました。

ベトナムの暑さのせいかもしれません。

その溶けた合成皮革がカード類に粘着してとれなくなりました。

 

ここまでくると流石に嫌気が差して、

今年の誕生月に財布を買い換えました。

 

今回の予算は5万~6万円。

ブランドコーナーを見て回りましたが、

ブランドの財布は合皮のクセに7万も8万もするのがざらにありました。

コーチで痛い目みているので、

ブランドよりも品質を第一に財布を見て回りました。

それにせっかく6万も出すなら本革の財布を買いたかったです。

 

そしたら、イタリアのブランドにたどり着きました。

Felisiです。

 

買った財布がこれです。

フェリージ Felisi 長財布 財布/ サイフ レザーロングウォレット LEATHER LONG WALLET 


58,200円しました。

 

有名ブランドの財布は外が本革でも、

中が合皮というのがけっこうあるのですが、

Felisiの財布は中も全て本革です。

 

これなら長持ちしそうですね。

デザインも触り心地も気に入っています。

 

さてさて、3年後までに1千万円の収入になれるでしょうか。