Innovators? or Laggards?

マルチフィールドクリエーター

自分が成長したいなら人に教える仕事が良い

f:id:yusuke-edge:20161205233930j:plain

 

 

 

僕は、大学生の頃いろんなアルバイトを経験しました。

個別指導塾の講師
掃除屋さん
コンビニ
居酒屋
エ◯ビデオ屋

どれも、社会人になる前の準備として、
良い経験になりました。
ただ、一番苦労した思い出があるのは塾講師です。

塾講師は教える内容を理解していればいい、

というだけでなく、

どうやれば生徒が理解できるか

を考えながら教えなければなりません。

 

それも、生徒の個性に合わせて、対応を変える必要がありました。

 

授業の前、とくに問題児といわれる生徒を指導する前は、憂鬱な気分になります。

でも、成果がでると、親御さんにも感謝されるのでやりがいを感じる仕事だと思います。

 

ただし、塾講師は時給は高いようですが、コマ単価で給料がきまります。
授業準備と後処理の時間も必要なので、実はあまり稼げません。

 

当時の自分にとっては、割が合わなかったので、1年位でやめてしまいました。

今考えれば、がんばって続けていれば良かったと思います。

 

自分の子供が生まれて初めてわかったのですが、
子供の成長とともに親も成長するんですね。

 

僕なんか、もともと怠けものなので、最近は子供に鍛えられる日々です。

先生という立場の人も同じだと思います。

 

常に成長する生徒達を支えるには、教える方も成長し続ける必要があります。

 

ちなみに、一番稼げたのは、
いうまでもなくエ◯ビデオ屋でした。

メーカーの直営店でバイトしていたので、いろんなイベントがあり面白かったです。

僕が働くお店でAV撮影!

なんてイベントがあり、本番を生で拝見したこともございました!!

 

まぁ、何はともあれ、教える立場にある人は、必然的に教える内容に対して理解が深まるので、否が応でも成長してしまうわけです。

ブログにしても、記事を発信するということは、記事の内容についてよく理解できていなと、薄っぺらい記事になってしまいます。

先生や講師という立場ではなくとも、情報を発信する立場であれば、情報をインプットしなければならないので、ブログだってずっと書き続けていけば、自分の成長を確認できてしまうのです。