読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAGU★STAR

あなたのライフスタイルに輝きを

ヒーローリストを作ってみて1年後の結果

ライフスタイル レコメンド

 

先日紹介したこの本。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 

 

「小さな習慣が人をつくる!」

とのことですが、この本をきっかけに1年ほど前から日記を書き始めたのですが、なんとか続いております。

 

日記のついては他の記事に譲り、今日は別のメソッドについて紹介いたします。

 

今回紹介したいのは、「ヒーローリストをつくる」です。

 

「ヒーロリスト」とは死ぬまでに会ってみたい人のリストです。

 

芸能人でも良いですし、著名人や政治家でも、好きな人をできるだけたくさん書き出します。ただし、現在生きている人だけです。

 

既に亡くなった方については、「隣人リスト」を別に作成し記入します。

 

僕は、日記帳の2ページ目に友人になりたい有名人や著名人を書き出しておりました。

それも日記を書き始めた頃とおなじ1年前です。

 著書には100人と書いてありましたが、僕が書き出したのはせいぜい20人でした。

 

著書によると、地球にいる全ての人間は、たった6人で隔たれているだけだそうです。

6次の隔たり」といわれています。

 

「ヒーロリスト」を作ってから1年が過ぎましたが、すぐに効果がでました。

 

つい最近なのですが、その「ヒーロリスト」の一人が「友人の友人」という立場になりました。友人の友人には自分からアプローチしました。ちょっと遠いところに住んでいる方ですが、運良く合うことができました。まだ知り合ったばかりのため少しづつ親交を深めたいと思いっております。

 

そして、「ヒーロリスト」からもう一人も「知人の知人」という立場になっております。これは、会社の仕事でのつながりです。

もしかしたら、今後はそのまま仕事でつながることもありえます。

 

正直言って、あまり期待しないで書いてみた「ヒーロリスト」ですが、以外な効果にびっくりしております。

 

たった1年です。

1年前から考えると嘘みたいな話です。

 

 あなたもヒーロリストを作ってみてはいかがでしょうか。