Innovators? or Laggards?

イノベイターになれないデザイナーに未来はない

PPAP ピコ太郎大ヒット 古坂大魔王にみる 諦めない成功法則

 

ピコ太郎は古坂大魔王

僕は、つい最近知ったのですが、PPAP ピコ太郎が世界的にヒットしているそうですね。

 

ピコ太郎って誰だよ!? って思って調べたら、古坂大魔王という芸人(エンターテイナー)でかつてボキャブラ天国に出ていた底抜けAIR LINEの一人だったんですね。

ボキャブラはよく観ていましたが、古坂大魔王なんて全然覚えていませんでした。

しかし、Wikiで調べてみると、ヒットはしない実力派の芸人として、クリームシチューの上田や爆笑問題の田中に認められている人だそうです。僕は、ベトナムに来てからほとんどお笑い番組はみないので、古坂大魔王のことは全く知りませんでした。  

ここで、僕が思うことは、何もなしにいきなりピコ太郎がヒットしたわけがない、ということです。

古坂大魔王自身は、芸能生活25年の経歴があります。知る人ぞ知っているのかもしれませんが、僕みたいな一般人が知らないということは、知名度も低かった。これまでは、パッとしなかったのにここに来てようやく陽の目を浴びたわけです。  

13年前の夢を実現した古坂大魔王

実は、古坂大魔王は13年前に「マネーの虎」に出演していました。 

 

この時、「イギリスでレーベルを立ちげてデビューしたい」という希望を持ち、700万円の投資を願い出たのでした。 上の動画を観てもらえばわかりますが(残念ながら、YOUTUBEにアップされていた動画は削除されてしまいました)、結局希望金額にとどかず、投資してもらうことはできず、イギリスデビューは叶いませんでした。

  しかし、ここで彼は自分の夢を諦めなかったわけです。

そして、13年後に違う形ではありますが、当時の夢を実現してしまったのです。   普通の人なら、10年も20年も自分の夢を負い続けずに、自分の置かれている状況に流されて、経済的に豊かな生き方へとシフトしてしまいます。

自分のやりたいことを続けていてなかなか結果が出ないと、周りには反対されたり、「好きなことばっかりやって!」という変な意味で嫉妬されたりするから、自分の気持を持ち続けることさえ難しい。

でも、彼はイギリスデビューどころか、世界デビューしてYOUTUBEの再生回数世界No1になってしまいました。 本人にしてみれば、本来の実力が、意外な形で世界に認められてしまったのです。

彼をよく知らない人は、たまたまヒットしただけだろうと思うかもしれませんが、努力を続けてきた結果がようやく表に出てきたのです。

しかし、これは素晴らしい現代のビッグドリームであり、多くの人に夢を与えられる事実です。

もしかしたら、「ピコ太郎」自体は一時のブームで終わってしまうかもしれませんが、古坂大魔王はこれから芸能界で活躍が増えていきそうですね。  

 

 

最後に、最近はキングコングの西野が絵本を出版して話題になっています。

 

この人も芸人だけの枠にとらわれず、自分の夢を実現するために努力している人です。 東洋経済のインタビューが面白かったのでリンクしておきます。

キンコン西野氏「肩書は、今すぐ捨てなさい」