読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAGU★STAR

あなたのライフスタイルに輝きを

生産数アップ! TOC 制約理論 実践編

仕事と転職 レコメンド

 

TOC(Theory of constrains, 制約理論)と呼ばれる考え方があります。

http://www.j-toc.jp/about/index.html

 

簡単に言うと、ボトルネック(制約)を探して、

そこを広げてやけば、能力が上がるという考え方です。

その制約部分を、ボトルの細くなってい部分「ネック」に例えて、

ボトルネックと呼ばれています。

 

ボトルなら、ネックを広げれば一度に出る水の量を増やすことが出来ます。

逆に、制限したいならネックを作って調整してやればいいわけです。

 

工場に当てはめると、そのボトルネックの生産量を増やさないかぎり、

いくら他の部分を改善して、部分的な生産能力をアップさせても、

全体の生産量は増えないわけです。

 

そのことについて、わかりやすく書いている本がこれ

有名な著書なので、読まれた方も多いことでしょう。

分厚い本ですが、ストーリーが面白いので、意外と読み易いですよ。
とはいえ、理屈はなんとなくわかるけど、
実践できるものなのかが疑問でした。

でも、最近うちの工場はそれが実践できていて、かなりスループットが向上して利益が伸びました。

一番大きな制約条件を排除した方法は外注を増やしたことです。
これで原価は上がったけど、かなりの効果が上がりました。

 

でも、その原価が上がったということが問題になっています。

外注先の間接費がのっかるわけだから、内製より直接費が上がるんですよね。
でも、内製の間接費は減るはずだから、実際は問題ではないんです。

でも直接費だけ眺めている人には、問題として取り上げられてしまうのです。

 

せっかく全体最適化ができているのに、一商品の原価を下げて部分最適化をしようとすると、結局は生産量が落ちてしまいます。

部分的にその商品の原価は改善しても、生産数が減ってしまったら、結果としては売上げが落ちて利益が減ります。

原価が下がっても、損益分岐点に達してないと、結局利益がでないんです。

 

ザ・ゴールでは「スループットを増やせ!」としつこくでてきます。

 

<追記>

最近コミック版も出版されたようです。

 

無料でここまで使えます!写真SNS【board(ボード)】PR