Innovators? or Laggards?

イノベイターになれないデザイナーに未来はない

勉強する時間がない!は言い訳 一日のスケジュールを見直そう

f:id:yusuke-edge:20161120115852j:plain

 

 

ぼくが以前の会社を辞めたのは2009年でした。
それからドイツに半年留学(遊び?)したあと、
何ヶ国か旅をしながら1ヶ月半かけて日本に帰ってきました。

2009ユーラシア大陸横断の旅

 

帰ってきたのは2010年1月末
それから仕事を探しました。
出来れば海外で働ける仕事で
もちろん前職も活かせる仕事がしたかったのです。

就職活動は約2ヶ月。
3月末には内定が決まり、2010年4月から今の会社で働くこととなりました。

前職は、内装業界、建設業
現職は、家具業界、製造業

仕事は遠からず近からずです。
商品の設計から製造までの流れは、
インテリアの設計から施工までの流れとそう大きくは変わらないです。
2~3ヶ月して仕事に慣れれば、今の業界のこともわかるようになりました。
現職の製造業は流通業との結びつきが大きいです。
流通なくして製造業は成り立たないです。
建設業は、流通ももちろん大事ですが、それは2次的な関係です。

今日書きたかったのは、仕事の話ではなくて生活の話です。

前職の頃の生活

6:50 起床
7:20 出発 電車通勤1時間半
8:50 出社
19:00 退社 電車通勤1時間半
20:30 帰宅
21:00 夕食、テレビ、ネット
24:00 就寝

20:30 帰宅と書いてありますが、実際は外で飲み歩いていることが多かったです。
また、10時くらいまで残業というのも日常的に続いていました。
夜11時ころ帰ってきてそのまま寝るか、もしくは彼女の家に泊まることも週に何回かありました。
日曜出勤も多くて、月に1、2回しか休んでいなかったです。
また、とくに勉強もせず、飲みや買い物に浪費してほとんど貯金は残っていませんでした。

まあ、なんと無駄な時間とお金の使い方でしょうか。
通勤時間中に読書したりDSでえいご漬けをしたりしていた時間が、
多少は実りある時間だったと言えますが、その程度しかインプットしてませんでした。

とにかくノミ二ケーションとやらにやけに時間と金を使いました。
本当に意味があったのでしょうか。
仕事ではストレスも溜まりやすく、飲みで消化するのも少しは大切かもしれません。
しかし、毎日のようにするのであればやりすぎです。

仕事にも生活にも満足できず、夢ばかり見ていました。
だから、ドイツに飛んでいってしまったのです。
まぁ、それはそれでいまの生活のきっかけになっているので悪いことではないと思っています。
しかし、当時の自分は時間とお金の使い方が本当に下手でした。

今のベトナムでの生活(2012)

4:55 起床、ベトナム語の勉強30分
5:25 朝食、シャワー、着替え、準備
6:05 出発 通勤時間1時間15分
7:20 工場着
17:00 工場出発 通勤時間1時間30分
18:30 帰宅
19:00 ベトナム語学校 1~2時間
21:10 帰宅
22:00 就寝

上記の生活が週に2日程度です。
他の日は、帰宅後お客さんや同僚と食事をしたり彼女と会ったりしてます。
今の課題は、通勤時間の有効活用です。
車通勤は電車通勤に比べて酔いやすいので、
本を読んだり、パソコンを開いての仕事は長く続きません。
せいぜい30分くらいが限度です。
車に酔ったら寝て、目が覚めたらぼーっと車から外を眺めてます。
しかし通勤時間は、1日に3時間くらいあるので有効活用したいです。

仕事でストレスが溜まることももちろんあります。
それで飲みに走ってしまったら、今までと何も変わらりません。
帰宅後いかに気持ちを切り替えて整理して、
日常生活を実りあるものにしていくかが重要です。
実際のところ、気持ちの問題というのは大きいので切り替えできないことも多いです。

たぶん、僕が日本にいたらこの生活はできないと思っています。
自分の望む環境にいられるから、出来る生活です。
日本で仕事したら、またうつ病のような日々に戻ることでしょう。

だから、ここでの生活を大切にしたいし、
それを与えてくれる会社にも感謝しています。
だから今は、頑張って会社に奉仕を続けていこうと思っています。

 

 

<2015年追記>

最後の締めの言葉は社畜的ですが、半分は本気です。
今の会社は、日本のブラック企業よりはよっぽどまともな会社です。

上のスケジュールは2012年のものです。
いまは、ホーチミンから少し離れた場所に住み工場が近くなりました。
結婚して、子供も生まれて、当時より自分の時間を確保するのが難しい状況です。
ですが、なるべく朝4:30に起床して5:45まで勉強する時間を作っています。

あとは通勤時間も大事な勉強時間です。

<2016年追記>

2015年はカラーコーディネーター試験にチャレンジして、

7ヶ月の勉強の末、1級と2級を同時に取りました。

今年も違う資格試験にチャレンジする予定です。

kagustar.info

 

 

海外旅行保険のAIU PR

無料でここまで使えます!写真SNS【board(ボード)】PR