Innovators? or Laggards?

イノベイターになれないデザイナーに未来はない

Freiburg フライブルグにあるキリスト教世界で最も美しい塔をもつ大聖堂

 

2009年11月8日 フライブルグへ

Weil am Rhienの後は、フライブルグに向かった。

 

lifestar.hatenablog.jp

 

Weil am Rhienから電車で50分くらい。
朝よく晴れていたそれは、いまはもう雲に覆われている。
雨さえ降らなきゃそれでいいが。
 
フライブルグのInfoも休みだった。
 
ここには116mの高さの大聖堂がある。
 
地球の歩き方によると、「キリスト教世界で最も美しい塔をもつ大聖堂」
 
どれだけ期待を煽るんだ。
 
 
駅から10分くらい歩くとそれはあった。
 
しかし・・・・
今日はやっぱりついてない。
 
キリスト教世界で最も美しい塔が工事中(泣)

f:id:yusuke-edge:20170326004239j:plain

 
しかし、塔に登ることは可能みたいだ。
 
塔の上まではらせん階段で上がれる。
 
とにかく長い・・・
 
パリの凱旋門もらせん階段で上ったけど、それより長い。
 
なにより厄介なのは、ここは上りも下りの一つの狭い階段で行き交うこと。
一番上まで上がった頃には息がきれてた。
 
ここからはフライブルグの街全体を見渡すことができる。
天気が良ければもっと素晴らしい景色だっただろう。
 
 

f:id:yusuke-edge:20170326004320j:plain

 

 

そして、もう一つ貴重なものが見れた。
 

教会の鐘

 

f:id:yusuke-edge:20170326004409j:plain

寺みたいに人が鐘を鳴らすわけではないから、からくりになっている。
 
写真ではうまくとれなかったが、とても興味深いつくりだ。
 
さらに、この鐘の部屋にいるとき鐘が鳴った。
 
鼓膜が破れるかとおもうほど大きい音だった。
街中に鳴り響くわけだから相当な音だ。
 
でも、鐘の音って嫌な感じじゃない。
心地よかった。
 
それにしてもドイツの冬(まだ秋だけど、東京なら冬並の寒さ)は、なかなか太陽が顔をみせてくれない。