Innovators? or Laggards?

イノベイターになれないデザイナーに未来はない

墓参りでクラウザーさんに出会えると思ったらなんとか宮沢湖

 

 

 

 

 暑い日差しを浴びて汗だくになりながら坂道を登っていく

黒いポロシャツと革靴で来たことに後悔していた。

墓参りは別に黒い格好する必要ないんだよな。

祖父と祖母が眠る墓の近くまで来ると
ラジオらしき音が聞こえてきた。

なぜこんなところで?

しかも大きい犬がいるし。

なぜこんなところに?

あっ

従姉妹のよっちゃんがいた。
それと旦那さん。

それとでっかい犬と小さい犬

おれが墓にたどりついたのがちょうど午前11時で

北島康介の決勝がはじまるところだった。
ラジオらしき音は、ラジオではなく
携帯でそれを二人は一生懸命みている所だったらしい。

お墓はきれいに掃除されていたから
おれとしても、花を置いて線香をあげるだけで済んだからよかったよ。

でっかい犬はトルコの何とかって犬で
ゴールデンとシェパードのあいの子みたいだった。

立ち上がるとよっちゃんと同じくらいだから150cm以上はあるんじゃねぇか。

二人と二匹は秋川に川遊びに行くといって帰っていった。

おれもしばらく供養をした後
飯能駅まで戻った。

ランチメニューのひき肉と季節の野菜のカレーに誘われて
商店街にある喫茶店に入った。

そこにも犬がいた。

ちっこい犬で、ぬいぐるみが動いているみたいにかわいくて
おれが席につくとさっそくよってきた。

マジめちゃくちゃかわいい。

そのせいでカレーではなくてオムライスをたのんでしまった・・・

なんで??

しかもオムライスは特別うまくもなかった。

まぁ、犬がかわいいからいいか。
チェルシーという名前らしいが、それをきいてDMCにでてくるメルシーを思い出した。

せっかく飯能まで来たのにこのまま帰るのはもったいないと思い。
駅に戻り周辺の地図をゲットした。

あ~

近くに湖があるらしい

宮沢湖

行ってみることにしたよ。

しかも散策コースとかいうのがあるし
歩いていけるみたいだ。

その時のおれは

午前中快晴だった空がだんだん曇って来ている事に気づいていなかった。

駅から30分くらい歩いていたら

ポタポタと水滴が落ちてきたよ。

うぁ

これはかなりヤバイ雨が近づいてる感じ

とにかく雨宿りしなければ・・・

近くに神社があるからそこでするしかないようだ

080814_1505~0001

お賽銭をいれて、神社の屋根の下雨宿り

だんだん雨が強くなってきて
雷の光、それに続く轟音はすごかった。

約一時間雨が止むのを待った。

この雨のおかげで

さらにおれはひどい目にあうのだった。

雷の音が遠ざかり、空にも明るさがもどってきた。
小雨が降り続いているがとにかく宮沢湖に向かって進むことにした。

080814_1514~0001

朝から後悔していたことだけど

革靴なんだよなおれ

なんでこんなところ歩いているんだろう??

お子様連れでも安心なゆるやかなアップダウンコース

って道のはずなんだが

革靴+坂道+雨=泥道=地獄へ続く道

GO TO DMC!!

GO TO DMC!!

坂道もゆるやかじゃねぇぞ

登りはいいけど、

下りはこのまま地獄に転げ落ちるんじゃねぇかってなんども思った

サタニックエンペラーに向かうために富士の樹海を歩くように

ひたすら宮沢湖へ向かって泥の道を進んだ。

30分位歩けば到着するはずなのになかなかつかない。

途中で道が別れていたけど間違った道を進んだのか・・・

そのとき坂道の下に泥色に染まった池が見えてきた。

とうとう現れたな

地獄への入り口だ。

おれがこのまま坂を滑り落ちて
この泥沼に沈んでしまっても

だれも気づかないだろう。

行方不明のまま、死体も発見されずに忘れられてしまうのか。

それとも

トトロが現れて救ってくれるのか。

この富士樹海から早く出たい!!

結局

死の散策コースから脱出できたのは一時間後

てかね。

革靴じゃなかったら何の問題もなかったんだよ。

そしておれが死を覚悟して目指した宮沢湖

080814_1546~0001

こんなもんなのか

しかも、食堂に駆け込み

虎の脳みその煮込み・・・じゃなくて
ビールとアメリカンドックを食らってやろうと思ったら

「もう閉店です」

だと!?

ふざけやがって

クラウザーさんがのりうつりそうになった。

ちなみに山の中でほんとに滑って泥だらけ

良い子のみんなは
山へ行くときはスニーカーで出かけようね。