読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAGU★STAR

あなたのライフスタイルに輝きを

心を洗う旅 そうだ京都へ行こう 2008 3日目 松江〜出雲

国内旅行記

f:id:yusuke-edge:20161214001947j:plain

 

 
 
 
 
そもそも出張という名目で京都まで来ていたのですが、

 

昨日から個人旅行を頼んしでおります。
 
朝から相変わらず憂鬱な雨。しかも昨日に増して寒いです。
とりあえず行っておきたかったのが、松江城を囲む堀川を巡る遊覧船。
 
10人位まで乗れそうな小さな小舟。でも、めっちゃ寒いのにこんなのったら風邪引きそうです。
 
松江
 
松江
 
松江
 
 
朝一の乗船客は私だけ。船頭さんがくれたホッカイロはかなり嬉しかったです!
船に乗ってみると、なんとコタツになってるだな。すごいねこれ。
 
堀川を何本かの橋をくぐり抜け船に揺られること約30分。
天気が悪いのを憂いつつ城下町の景色を堪能。
 
松江城近くの発着場について船から降りると、しじみ汁をサービスしてくれました。
これで心も体も暖まって嬉しかったです!
 
この街は小泉八雲って作家がいた街です。
小泉八雲の怪談の耳なし方一とか雪女とかは有名ですね。
 
その人の銅像があって、その通りが昔のままの情緒ある建物と風景が残っていました
 
松江
 
松江
 
 
でも天気が悪いせいもあるが、京都や金沢に比べると規模も小さいこともあって寂しい街ですね。
 
とにかく、雨がうっとおしいです。
いつまでもトランクを引きずりながら観光するのも疲れるので、次の目的地に向かうことにしました。

 

 
 

 

 

 

 
 
 
日本の建築史を勉強する時、最古の大社造りとして出てくるのが出雲大社です。

 

 
現在の高さは24mだから、ビル8階建て位の高さです。
でも、過去のそれはなんと96mあったというます。
それは30階建てのビルに相当する高さです。
なんだかロマンがありますね。
 
出雲市駅に着いたのが11時半くらいでそこから出雲大社行きのバスに乗りました。
それが失敗だった。
途中まで準備だったのに大社の4キロまえくらいから渋滞でなかなか進みません。

 

 
車掌さんが

 

歩いた方が早いですよ~
って言い出す始末。

 

 
しょうがないからまた雨の中トランクを引きずりながら何分か歩きました。

 

 
例のごとく、まず観光案内所に向かいます。
とりあえず宿をゲットしないと…
でも、ここの案内所は松江と違ってあまり気がきかないです。
予算も合う所がないし、自分で電話してくれっていうし、
まぁ、宿泊所のリストをもらえただけよしとしましょう。
 
腹へったので定食屋にはいり、そこでさっきもらった宿のリストを広げました。
確かに旅館はみんな12000円以上と予算オーバーです。
旅館の座敷でゆっくりしたいなぁって思うけど、
 
我慢して一件あったビジネスホテルに電話しました。
 
部屋も空いてるし、料金も安いのでここで落ち着くことに。
 
ホテルに荷物を預け、さっそく出雲大社へGO!
 
出雲大社
 
出雲大社
 
へ~
 
意外と人が多くてびっくりしました。
たぶん、松江に人がいなすぎたせいです。たぶん

 

 
入口の大鳥居から5分くらい歩くと大社はありました。

 

 
 出雲大社
 
 
 
 
出雲大社
 
 
 
カップルやら家族連れやらでかなり賑わっています。
 
てかさ、肝心の大社が塀で囲われ中に入れないからほとんど見れないじゃん!
 
出雲大社
大社造り
 
それでも、久々に建築を見て感動しました。
装飾も少なくておおざっぱな建築だけど、
それがまた逆に歴史を感じるし、重々しさを漂わしています。
 
出雲に来て良かったです。
てか、松江では思ってた程の景色に出会えなかったから、

少しがっかりしていました。

 
 出雲歴史博物館
 
出雲大社を堪能した後はすぐ横の歴史博物館へ。
 
これはガラス張りの現代建築。
まわりの山にも溶け込んで調和して綺麗な建築です。
 
展示物は目を見張るものはなかったけど、それなりに楽しめました。
2階あるカフェの紅茶は美味しかったし眺めも良かったですよ。