読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カグデザイナーのブログ

ライフスタイルや仕事術について書いてマス

マインドマップで自分の人生を棚卸し

f:id:yusuke-edge:20170205141046j:plain

 

 

 

 本日で、2週間続いた旧正月休みが終わり、明日から仕事がはじまります。

仕事が忙しい時は、休みが欲しくて欲しくてたまらないのに、2週間も休みが続くとそろそろ働きたくなってきます。

のんびりとした日々に飽きて、刺激が欲しくなっています。

仕事に「刺激を求めている」のですが、これっていいことなんでしょうかね。

 

ただひとつ言えることは、警備員みたいに、ずっと突っ立って同じ場所に居続ける仕事は苦痛でしかないので、僕にはできません。

もちろん、警備員の仕事なら、1年に何度かは刺激的な仕事が起きるかもしれませんね。

 

でも、自分で行動したいし、何か作り上げたいし、人と関わっていたい、という気持ちが強いです。

 

もちろん、「仕事にいくのが面倒」な気持ちもあります。

 

人生の棚卸し

さて、ここからが本題です。

仕事はしたいけれど、仕事に行くのは面倒。

 

だから、「自分の好きなことを仕事にして、好きな場所で仕事やりたい」と考える方は多いはずです。

 

そして、「好きなこと仕事にするなんて難しい。無理に決まっている」という思考にたどりつくか、あやしいセミナーや情報教材に手を出す人もいます。

 

まず、そこで誰かに頼る前に、自分をもっと信じて、自分の人生の棚卸しをしてみませんか。

自分の人生の棚卸しすることで、マネタイズ(収入を得る)できるスキルを再発見できる可能性があります。

 

もちろん、単体ではむずかしいですが、趣味✖スキルでマネタイズすることもできます。

いまは、こんなサービスもあるので、自分の能力を簡単に売り出すことができるようになりました。

wowme.jp

note.mu

 

僕はnoteを利用して、メインサイトの人気記事を一部有料化したら、翌日、即売れました。まぁ、たった300円ですが、2日に1人くらい購入者がいます。

 

マインドマップで人生の棚卸し

棚卸しに当たっては、マインドマップの使用をオススメします。

マインドマップとは、ひとつのキーワードに対して、それに連想するキーワードを加えていき、木の枝のように広げて、キーワードを書き出す方法です。

単に、文字を書き出すより、連想が数珠つなぎになり次々とキーワードが出てきます。

 

おすすめの方法としては、一度速写法で下書きしてから、新しく絵などを加えて、分かりやすいマップに作り直す方法です。

 

ブログを書いている方なら、ネタ探しにもこのマインドマップは使えます。

ストーリーを作るのにはモッテコイの方法です。

 

まぁ、マインドマップは方法論でしかないので、大事なのは自分の人生を棚卸しすることです。

棚卸しで、自分のリソースやスキルを300個くらい書き出してみてください。

新しいビジネスを作り出すネタも発見できるかもしれません。

 

 

Ameba公式トップブロガーになりました。「ベトナムのライフスタイル」

f:id:yusuke-edge:20170205131203j:plain

 

1月末からAmeba公式トップブロガーとして、記事を書き始めました。

アメブロなので、わかりやすく簡潔に、インパクトのある記事を書くようにしています。

ameblo.jp

 

先日、時間があったので、グーグルアナリティクスとブログ村を登録しました。

そして、PV数を確認したら、恐ろしいPVになっていてビックリしました。

一年かけて育てた僕のメインサイトをあっという間に抜く勢いでPVが伸びています。

ブログ村ベトナム情報PVランキングでは、たった1日で僕のメインサイトVIETSTARを抜いてしまいました。

 

 アメブロのカウントで1万2千PV/日まで伸びました。(ちなみに、グーグルアナリティクスの数字は、もっと少ないですよ。5~10分の1くらい。それでも、自分にとってはすごいPVでした。)

これが公式トップブロガーの恩恵なんですね。

「ここまでPV数があると、やる気が出るなー」

と、思っていたら、アメバトピックスにて記事が紹介されたそうです。

その後は、アメブロのカウントで1000PV前後/日まで落ちました。

 

アメバトピックスの破壊力はすごいですね。

アメブロでブログ書いている芸能人は稼げるわけだよね。つねにトピックスに出ていますから。

 

しかし、そもそもアメブロベトナム記事を書いている人なんてたくさんいるのに、どうして自分に声がかかったのでしょうか。

 

おそらく、アメブロに新しいブロガーを呼び込みたかったからです。

何年もがんばってアメブロで記事を書いてきた人たちを放ったらかして、外部のブロガーに声をかけるなんて、 自社の収益しか考えていないのでしょうね。

 

でも、せっかくチャンスをいただいたので、僕は僕のやり方でこのチャンスを活かしたいと思っています。

アメブロの記事に割く時間は30分以内ですが、なるべく更新頻度を上げます。

アメブロは、短くインパクトのある記事の方がいい。

勉強もしなければいけないし、新しいブログにあまり時間を書けたくないです。

 

それでも、このブログLIFE★STARはやめられません。

本音を綴るのは、メインサイトでもアメブロでもなくて、このはてなブログです。

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

必ず食える1%の人になる方法

100人の1人になろう!

 

この本、キングコング西野さんの「魔法のコンパス」に紹介されていたので、買って読んでみました。

 

正直、期待以上でも期待以下でもありませんでした。

それなりに面白いけど、2時間弱で読める程度の内容なので、あまり濃い本とは言えない。もちろん、字がぎっしり詰まっていれば、内容が濃くてよい本とは言えないです。

 

西野君が取り上げていた内容は、一つの分野で「100人の1人」になろう。

2つの分野で「100人の1人」になれば

「100×100=10,000人の1人」のレアになれる。

さらに、もう1つの分野で「100人の1人」になれば、

「100×100×100=100万人の1人」になり、かなりのレアキャラ、オリンピックのメダリスト並みの希少価値になれる。

 

自分に落とし込んでみれば、

「家具・インテリアの分野で100人の1人」

「ブログの分野で100人の1人」

ベトナムの分野で100人の1人」

を目指すということですね。

まだ、どの分野も「10人の1人」にもなれていないと思っています。

 

4つの生き方

 

本書は、4つの生き方(ライフスタイル)に対応しています。

また、4章からなり、各章で下記4タイプで100人の1人を目指すための7つの条件を記しています。

 

A.経済的価値を重視する「権力(サラリーマン)志向」の社長タイプ。

会社というピラミッド型組織の頂点を目指す7つの条件

 

B.経済的価値を重視する「プロ(独立)志向」の自営業タイプ

会社という組織で自分の技を磨き、将来的に独立するための7つの条件

 

C.経済以外の価値を重視する「権力(サラリーマン)志向」の公務員タイプ

会社以外の活動に自分の生きがいを求める人のための7つの条件

 

D.経済以外の価値を重視する「プロ(独立)志向」の研究者タイプ

自分の好きなことをして生きるための7つの条件

 

 

あなたは、どのタイプに当てはまりますか?

僕は、好きなことをしながら稼ぎたいので、BとDタイプに該当すると思いました。

残念ながら本書では、完全に4タイプを分けてしまっています。BとDを組み合わせたらどうなるか、という想定はされておりません。

 

ならば、BタイプとDタイプの章(2章と4章)を参考にすればいいのですが、時間がある方は一度すべての章を読んでかられ、自分に関係すると思われる章を再読したらよいです。

 

1章では、英語の勉強の仕方が出てきますし、2章では、プロになるための極意、4章では固定費の下げ方などが出てきます。

 

この著書は読んでいてためになるし、面白いですが、

「すごいおススメできるか?」

というと、

「う~ん?」

 

という感じです。

読み応えがいまいちありませんでした。

 

もっとふか~く掘り下げてほしい。