カグデザイナーの毒舌ブログ

自分らしいライフスタイルを厳しく追求

不幸になる才能

10年前の自分は、悲劇の主人公だと思っていました。

「いつか誰かが僕の才能を見出してくれる。」

「仕事を一生懸命やっていれば、絶対に成功する。」

 

そう思っていました。

 

でも、今から考えれば、10年前の自分はタダのアホです。

ウシジマくんにでてくる負債者とあまり変わりません。

闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)

真鍋 昌平 小学館 2004-07-30
売り上げランキング : 20392
by ヨメレバ

 

1巻に出てくる「バイトくん」は自分は天才だとおもっていて、大学を中退するも大した定職にもつけず、パチスロで借金をつくった挙句、闇金に手を出します。

 

僕は、ギャンブルの才能がなかったのか、幸運にも何回かやってみたパチンコもスロットも秒殺でお金が飲まれるだけだったので、パチスロにはハマりませんでした。

 

でも、キャバクラにはハマりました。

毎月5万円~10万円くらいキャバクラに使っていたこともあります。

それと、オンラインゲームにもハマりました。

この時も月に5万円くらい課金したことがあります。

 

本当にアホですよね。

キャバクラとかゲームにハマる理由て、僕の中ではひとつです。

 

現実逃避のためです。

 

漫画や小説を読む理由も同じです。

現実から目を背けていると気が楽になるからです。

 

これが不幸になる才能ですね。

現実と向き合って、現実の改善策を取らない限り、現実は変わらないし、成功もしないし幸せもやって来ません。

 

例え、他に何か素晴らしい才能に恵まれていたとしても、不幸の才能を手放さないかぎり、人生に対する不満足感はずっと感じたままです。

 

僕の人生は、他の人と比べて少なからず欠けているものはありますが、特別ひどい欠乏ではなかったものの、その欠乏が不幸の原因だと思いこんで、20代を過ごしてきました。

 

自分を不幸にしていたと思い込んでいたもの

 

◯日本育英会という借金があること

 →高校時代から借りているので、500万近い借金があった

 

◯父がいないこと。

 →後に父と裁判をして、認知を獲得

 

ブラック企業に就職したこと

 →少ない給料で月に1日くらいしか休みがなかった

 

「おれってまさに悲劇のヒロイン!!」

っておもっていました。

アホだなー

 

本当に、10年前にもどってやり直したい。

 

それで、ウシジマくんの話にもどりますが、ここにでてくる負債者って、

「一歩間違えれば自分もこうなっていたな」

って思うほどリアリティがあるんですよね。

読んでてゾクッとします。

 

20代の頃は仕事柄、渋谷や新宿、池袋の現場にいたし、仕事でヤクザと絡んだり、フーゾク行ったり、キャバクラいったり、まぁめちゃくちゃしてたので、自分が何者なのかもよくわからなかったですよ。

いつもイライラしてて、不満が溜まっていました。

 

これじゃあ幸せになれるわけがない。

僕は、東京で働いていたら、ずーっとこのままだったと思います。

 

育英会という借金があるものの、ドイツに渡って人生をやり直したのは、いいきっかけにはなりました。

 

労働時間が長く、仕事の後も疲れが溜まり、何も考えられない。

現実と向き合ってしまうとストレスが溜まるから、仕事の後は現実逃避。

これって本当に負のサイクルです。

 

どこかで断ち切らないといけない。

そうしないと、人生は何も変わらない。

 

むしろ、自分が不幸だと思えば思うほど、不幸になっていきます。

 

不幸になる才能を確かめる方法

ウシジマくんを読んでみて、負債者の感情に共感を覚えた方は要注意です。

僕はウシジマくんを読んでて、時々ゾクッとするのは、過去の自分の感情が共感するものがあるからです。

「こうならなくてよかった」ってつくづく思います。

1巻にでてくる「若い女くん」なんて、そこらへんのタダのOLなのに、闇金に手を出しただけで落ちていきます。

闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)

真鍋 昌平 小学館 2004-07-30
売り上げランキング : 20392
by ヨメレバ

 

会社の生産性を上げるための歯車に必要な能力

f:id:yusuke-edge:20170618190353j:plain

最近、日本企業は生産性が低いという記事をよく見かけるようになりました。

この方の発信ですね。本の宣伝のためか、本気かわかりませんが

デービッド・アトキンソン 日本再生は、生産性向上しかない! (ASUKA SHINSHA双書)

デービッド・アトキンソン 飛鳥新社 2017-05-25
売り上げランキング : 13848
by ヨメレバ

会社の歯車の行く末

会社にたくさんの優秀なプレイヤーを揃えたとしても、歯車になる社員が優秀でないと、プレイヤーの能力は活かせません。

プレイヤーが好き勝手に作業していても、それが会社の方向性と合っていなければ、生産的な活動とならないからです。

 

でも日本の企業は、プレイヤーに歯車の能力も求めるんですよね。いわゆる日本人の会社員がジェネラリストが多いといわれる要因です。

そうすると、歯車になることに時間をとられるので、プレイヤーの能力を発揮する時間が少なくなります。

 

また、歯車の能力は出世争いに必要な能力なので、プレイヤーとして能力がないのに歯車の能力を発揮して出世する人もいます。それがいままでの日本の企業です。

中小企業の部長クラスはそんな感じです。

プレイヤーとしての専門知識が多少あるものの、本当の専門家と比べると弱いんですよね。

 

だから、会社の人材としては中途半端なのです。

もし、その人が会社をやめて他の企業に行こうとしても、持っているのは人脈のみで、専門知識はたいしたことありません。

僕の周りにはそんな元管理職のオジサンがたくさんいます。

 

で、結局その元管理職がどうなるかというと、僕みたいな年下の人間にこき使われるようになるんです。

特定の会社で歯車能力を磨いても、本当のマネジメント能力か、本物の専門知識を身に着けていないと、他の会社に移ってもたいした成果を上げることができないのです。

  

歯車能力を身につけるならグローバルな能力を

 歯車能力は、簡単に言えばコミュニケーション能力と調整力、それと社内営業力。

人と人の間に入って、いかに成果を出すかという能力です。

ただし、特定の会社で、しかも同じ職場で何年も勤めて管理職をしていると、新しいことを取り入れようともせず、ずっと同じことを繰り返すだけなんですよね。

それをしてしまうと、他の会社に行って通用するのは、コミュニケーション能力と社内営業能力だけです。

調整力というのは幹部になってしまうとあまり必要がなくなってしまうので、磨かないんですよね。現場だけでは身につかない知識や能力も必要です。

 

もし、歯車能力を磨くならマネジメントの勉強をしてください。

部下のやる気を出させて、成果を出させる能力です。

仲のいい部下とか面倒を見ている部下とかいう特定の部下でなくても、通用する能力が本当のマネジメントです。

歯車能力をみがくなら一流になってください。 

リーダーの一流、二流、三流

吉田 幸弘 明日香出版社 2017-04-10
売り上げランキング : 21373
by ヨメレバ

 

現場から社長まで上り詰めた人の能力

最近、元社長と仕事をするようになりました。

元社長といってもいろんな社長がいます。二代目の社長とか、起業したけど失敗した元社長とかです。

このタイプの社長は、会社員には向きません。

最初から上に立っていた人間なので、権力だけで人を動かしてきたからです。

 

それで、下から上がってきた元社長は、本当に調整力が高いんですよね。

突き抜けた歯車能力を持っているので、人を動かすのがうまいです。

 

すでに僕も動かされはじめています。

いままで、自分がやっていた歯車としての仕事も、僕より上手くやってくれそうです。

 

しかし、専門的な知識があるかというと、まあそれなりなんですよね。

話を聞いていても器用貧乏にいろいろやってきたようで、能力として高いのはコミュニケーションと調整力でした。

典型的な日本の会社員ですが、調整力が高いので、バラバラに動いていたプレイヤーを正しい方向へ向きを変えていくことで、かなり成果があがりそうです。

 

 

伸びている企業と落ちている企業

伸びている企業は、結局この歯車がいかに上手くまわっているかに尽きるのですが、僕のいる家具業界では、社員の特徴によって明暗がはっきりとしてきました。

考え方は、歯車を社内だけで回すか、社外(取引先)を回すかの違いなんですけどね。

それを分かっていない企業は、売上が落ちつづけています。

note.mu

 

あなたの人生を変える「強い文章力」

f:id:yusuke-edge:20170615000900j:plain

 

あなたのブログ読まれていますか?

 

リピーターや読者は増えていますか?

 

文章力がなければいくら記事を書いても、読者がつかずリピーターが増えません。

もう既にリピーターや読者が十分についている方はこの記事を読まなくても結構です。

既に多くの読者を獲得しているとしたら、文章力もしくは企画力が優れているということです。

 

でも、いくら記事を書いても読者が増えないなら、あなたの文章力に問題があるということです。

 

正直言って、これは他人事はでありません。

僕も「強い文章力」を持っていないからです。

 

先日、この本に出会って、脳内が混乱しました。

だって、今まで自分がやって来たこと、書いてきた文章がいかに弱いかということを実感したからです。

そして、ブログを書く気力が一気に低下しました。

 

文章力はテクニックです。

この本を1回読むだけで、あなたの文章は変わるはずです。

2回読めば、自分のブログをリセットして、イチから文章を書きたくなります。

タイトルも全部変えたくなります。

 

そんな本です。

もっと早く出会っていればよかった。

 

この記事を読んでいるあなたがブロガーでなくても、普段の仕事で文章やメールを書くビジネスパーソンであれば、この本は読むべきです。

メールの内容や企画書の書き方が断然進化します。

 

特に、この本で出て来るベネフィットとインサイトについて理解できると、仕事の仕方や文章の書き方が変わってきてしまいます。

 

ベネフィットとは、読者や消費者がサービスを受けたり、製品を購入することで得られる有益な価値、利益です。

 

インサイトとは消費者の行動や思惑、それらの背景にある意識構造を見ぬいたことによって得られる「購買意欲の核心やツボ」です。

 

これだけではよくわからないとおもいますので、是非この本を読んでみてください。

仕事ができる営業の人は、このベネフィットとインサイトをよく理解しています。

 

 

文章力が上がると他の分野の能力も底上げされる

どこかで読んだのですが、国語力が備わっていない子供は算数ができないそうです。

国語力がないと算数の問題文の意味が理解できず何をどう計算していいのかわからないということです。

国語力は勉学の基礎なので、国語力がない生徒は他の科目の成績も伸びません。

 

文章力はまさに国語力ですから、強い文章力をつけることで、ほかの能力も底上げされます。わかりやすいのは、企画力やプレゼン力そして論理的に話せるようになる話力。

 

僕の場合は、文章力をつけることでデザインの表現力に幅が出ました。

特にプレゼンボードの作り方が一気に進化した気がします。

デッサンにも影響がでてきました。

 

この本を読むと脳内の仕組みが変わります。

 

もし、あなたがサラリーマンなら、この本を読むだけでメールの内容が変わり、仕事の仕方が変わります。 

 

もし、あなたが何かの壁にぶつかっているようであれば、是非この本を手にしてください。意外なひらめきをもたらしてくれます。

 

もし、あなたがブロガーなら、記事を書くのを一度ストップしてください。3回読んで本の中身を頭に叩き込みましょう。きっと記事の内容が変わるはずです。

 

読んでも読まなくても後悔する1冊です。