読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAGU★STAR

あなたのライフスタイルに輝きを

このブログの行方

先週、久しぶりにブログ更新しました。しかも自分の顔出しまでしてしまいました。

 

それで、過去の記事を読み返してみて、けっこう過激なことも書いていることに気づきました。(今さら?) 読む人によっては会社を批判しているようにも思えるからです。会社からしたら、この上ない危険人物かもしれません。

「会社の言うことはきくな。」

「顧客の言うことはきくな。」

と書いてますからね。

 

Facebook にシェアさえしなければ、社内の人がこのブログにたどりつくことはないはずですが、やっぱり顔出し放置もまずいような気がしてます。

 

でも、顔出さないで自分の意見を書いていても、居酒屋での愚痴みたいなもので、誰にも見向きされないですよね。もちろん発信内容の濃さにもよりますが、顔出ししてない時点でどうにでも逃げがききます。

 

顔出ししてみて、初めて自分の記事の内容に責任が伴うことに気づきました。

 

最近記事を書けていないのは、ほかのブログや媒体の執筆に追われているからです。

 

正直、ここの記事を全部noteに引っ越ししようかな、とも考えています。

でも、「はてなブログ2年分課金しちゃったしなー」って感じです。

どちらにしても、ここのブログは、更新頻度はゆっくりとしたペースになりそうです。

 

 

 

人を変えれば自分も変わる

ライフスタイル 成功と幸せ

 

f:id:yusuke-edge:20170318012510j:plain

ブログって一方的に発信している、基本的には一方通行なツールです。

僕は、幽霊ブログも含めて5つくらい持っていますが、読者の方と対話があるのはアメブロくらいで、あとは一方的に情報発信して終わっています。

 

 

僕のメインブログに至っては、終着点が見えない中で、

「週に1~2回記事を書かないと、アクセスが増えない!!」

という強迫観念に駆られたまま更新し続けていました。それでもなかなかアクセス数が増えず、記事を書き続けることにも疑問を持ち始めていました。

 

フィードバックはアクセス数しかない中、情報商材に手を出そうと思ったり悩んだりして、彷徨っていいました。

正直、壁にぶつかっていたと思います。

 

 

そこで、思い切ってあるオンラインサロンに参加しました。

 

オンラインサロンと言っても、ホリエモンとかキンコン西野さんなど有名人が主催しているサロンではないです。

正直言ってちょっと特殊な、というか変わった人たちの集まりというか、すごい人達が集まっているというか、なんというかよくわからないサロンです。

でも、職業はそれぞれ違いますが、不思議と同世代で同じようなライフステージに経っている人たちが集まっています。

 

そのオンラインサロンがこちらです。

change-consul.factdeal.co.jp

 

読んでいただくとわかるのですが、クライアントでもコンサルを提供できるサロンです。

メンバーはそれぞれある分野のトップランナーばかりなので、クライアントが立てたトピックに対して的の得た回答がもらえます。

 

ですので、他人が立てたトピックを読んでいるだけでも勉強になります。もちろん、会費がかかりますので、発言をしてフィードバックをもらわないと、サロンに参加している価値が半減してしまいます。

 

僕はもちろん、クライアントとして参加しています。

ところが先日、あるメンバーのトピックに対して発言したところ、うまいキャッチボールに発展して、そのメンバーの方にえらく喜んでもらえました。

 

人生初のコンサル

 

Aさんは押し花を使ったアートで、 収入を得るにはどうしたら良いかというトピックを立てられたので、具体的にどうしたいのか突っ込んでみました。

 

 

 

1つの作品の作製にどれくらい時間がかかって、それがいくらで売れるのでしょうか?
たとえば一つ三万円で売れるなら、月10個売れば30万円の売り上げになります。
売り上げの目標がそれで良ければ、1日に1作品作れるなら、月に20日は集客やイベント、子育てなどに時間をかけられます。

作品の売価を作製時間で割れば、時給が出ますよね。
理想は短い時間で作って、高く売ることです。


僕も作り手側の人間なので、製作に夢中になる気持ちもわかります。
しかし、時間をかけてつくっても、売り値が安ければ自分の時給を下げるだけです。

 

 

ありがとうございます
まだまだ アートは創りはじめたばかりで これから色んな形で表現していきたいと思っています
現実として そういう計算をしなければビジネスにはなりませんよね‥

 

 

アートとして活動するなら、いまは高く売れるように作品のレベルを上げることに専念した方がいいかもしれません。自分の独自性や世界観をつくりあげることです。
衝動買いで買える価格設定なら、売りやすいかもしれませんが、製作に追われる日々になってしまいます。
しかし、あまり高い価格設定をすると売るのに苦労することになるので、いまの売価を少しずつ上げながら、の手探りになると思います。
あとは、作製時には買い手のライフスタイルを想像してつくるのも大事です。どんな人にどんな家にこのアートを飾ってほしいのか。アートに伝えたいことも込めて。

 

 

そうなんですよね
今までは 押し花の雑貨をつくっていたのですが 売れるのは嬉しいんですが ひたすらつくらなくてはいけなくて 工場生産みたいになってたんです
だからそれだけは嫌だと思ってます
アートもまだ始めたばかりで 手探り状態です 作品の世界観もまだまだです
でも 今はとにかく表現したくてウズウズしています
特に6月の展示は 1年越しの夢で やっと辿り着いた展示なんです それにかけています
だから 4月から 時間を大事にして制作していきたいんです
今はやっぱり娘が中心の生活になっています
でも あと半月 一緒の時間を大事にに過ごして 4月からは制作に集中したいと思っています

ライフスタイルを想像して作る事 それも大事な事なんですね ありがとうございます
そんなことも心がけながらつくってみます
また 是非作品のアドバイスもお願いします‼

 

 

色彩の知識はありますか?センスだけでやっていこうとすると壁にぶつかるので、最低限、色彩検定かカラーコーディネーター3級程度の知識はあった方がいいです。
色彩対比を使えば面白い表現が出来そうです。

それと、今の段階ならネットで売るよりも、ブログやSNSを利用してアピールして、多くの人が展示会へ足を運んでもらい、たくさんの人に作品をみてもらうのが良いかと思いました。︎

 

 

作品のアドバイスありがとうございます‼︎
色彩の知識早速やってみたいのですが どちらかと言えば 色彩検定の方がいいのでしょうか?
通信講座でも大丈夫ですよね

そうですね やはりネット販売などは早い気がしています
まだまだ作品ができていないので まずは制作していきたいと思いました
今は展示にかけてみます

 

 

3級は色彩基礎で、資格をとっても意味無いので通信講座の必要はありません。本屋さんにいって立ち読みしてみて良さそうな方を勉強してみて下さい。色彩知識を得るだけなら、ブックオフで古いテキストを100円で買ってもいいです。

勉強してみて面白ければ、2級の試験を受けたらいいと思います。

ちなみに僕は、カラーコーディネーター1級と2級を半年程度の勉強でとりました。
記事にもしてあるので、参考にしてみて下さい。

lifestar.hatenablog.jp

それと、思ったのですが、後ろから光を当てて光るなら、お店のインテリアとしても提案できそうです。例えば、オーガニック系を売りにしているお店の壁面に細長いアートをインテリアとして取り入れるとか。
白ベースのインテリアには映えそうなアートですね。

 

 

ありがとうございます‼︎
具体的にアドバイス頂けてとても嬉しいです
早速今日本屋さん行ってみます^_^
作品ですが 華脈や葉脈が浮き出るのが好きで 光を透す素材と合わせてつくっています
今のところ シーグラスを合わせてつくっています
本当は自然光が好きなのですが Facebookに載せている写真は後から壁にライトを当て反射した光を当てています
自分で考えていたのは ドアの明かり取りにどうかなと思っていました
まだ 正式ではありませんが それを考えていて下さる方もいます
壁に入れて 後からライトも綺麗ですね ありがとうございます
でも まだそのオーダーのような作品も 知っている方 例えば その方の雰囲気や服装 そお店の雰囲気 など理解している方からなら受けれると思うのですが 全く知らない方からのオーダーは まだ自信がなく考えていません
でも 具体的なお話を提案して下さって これからどんな行動をしていけばいいか 少しずつ整理できてきました
気持ちも楽になりました
ありがとうございました

 

 

 というわけで、久しぶりに妻以外の女性といちゃついた感じになりました。

Aさんは、早速カラーコディネーターの勉強をはじめられて、アートに生かせるアイディアが浮かんでいるそうです。

自分のアドバイスがここまでうまく相手に伝わるとは思ってもいませんでした。

 

しかし、偉そうにアドバイスをしてしまったのですが、

「じゃあ自分はどうなんだ?」

というところに思考は戻ってくるわけです。

 

僕よりもAさんの方がよっぽど良いコンテンツ持っているし、これからうまくやればマネタイズできる可能性がいくらでもあると思いました。むしろ羨ましいくらいです。

 

 僕の場合は、サラリーマンということもありますが、おおっぴらに名前や顔を出すのをためらってきました。

でも、名無し顔なしでいつまでもネットをうろちょろしていても、

「これじゃあ自分の人生に鍵をかけているようなもんで、人生開くわけがないな-」

というのを改めて思うようになりました。

 

そして、更なるアイディアが浮かびました。

ようやく本当の自分をアピールするサイトを作るプランが出来ました。

これについては、形が整ったらこのブログで紹介していきます。

 

 兎にも角にも、ここまで自分をブラッシュアップできたのは、このサロンのおかげです。気になる方は少しのぞいて見てください。

 

change-consul.factdeal.co.jp

 

眠れない夜に読む恋愛

ブログ小説

f:id:yusuke-edge:20170228215858j:plain

 

 

 

実は、2010年にドイツから帰国した後、仕事が決まるまで時間をもてあましていたので、「魔法のiらんど」にて小説を書いていました。

 

note.mu



その小説ずっと放置していたのですが、先日思い出して読んでみました。

そしたら、意外と読めたので、noteにて公開することにしました。

もちろん、「魔法のiらんど」の方は削除しました。

 

最近まったく小説を読みませんが、当時は東野圭吾司馬遼太郎の本を結構読んでいたので、「いまなら書けないな-」と思うような表現が結構ありました。

 

noteで公開するにあたって、小説のタイトルを変えようと思ったのですが、結局あまりいいタイトルが思い浮かびませんでした。

まぁ、魔法のiらんど」で公開していた時のタイトルよりはマシかと思います。

 

 

小説の内容は、多少脚色してありますが、ほとんど僕の実体験をベースにしてあります。というか、実体験でなければ、こんな詳細に表現できません。

やはり、東野圭吾はホント変態過ぎるほど天才ですよね。

 

この小説は、僕がブラック企業時代に一番つらかった時のトラブルと、人生で一番輝いていた高校時代とを交互に振り返りながら、物語を進めて行きます。

もちろん、ただの実体験ではツマラナイので、人が死んだりと、ちょっと重めの話にしてあります。

 

本当は、もっともっと長く書くつもりだったけど、小説を書きかけ中に就職が決まってしまい、それどころではなくなったため、無理やり終わらせた感があります。

第1章と第2章は無料で公開しています。

 

note.mu